TODO サンプルを試してみよう

管理画面の初歩的な操作を、TODO サンプルで説明します。

Hexabase のトライアルでは、あらかじめTODO サンプルが利用できるようになっています。

管理画面の基本操作を知っておこう#

  1. Hexabase のトライアル環境にログインして、管理画面を表示する
  2. ワークスペースを選択する
  3. アプリケーション(新しいアプリケーション)を選択する
  4. データベース(TODO サンプル)を選択する

これで、TODO サンプルの画面が表示されました。

TODO サンプルを試してみよう#

TODO サンプルは、タスク管理データベースのサンプルです。

サインアップすると、このサンプルアプリケーションが登録済みになっています。

管理画面では、この TODO サンプルのデータベースを、次のように操作します。

なお、Hexabase では、データベースに登録したデータレコードを「アイテム」と呼びます。

新規データを登録する#

まず、データを登録します。

  1. 「新規登録」ボタンをクリック
  2. 必要な情報を入力
  3. 「保存」ボタンをクリック
  4. 登録したデータレコードが表示される。右上の「×」ボタンで閉じる

データを更新する#

登録されたデータを操作します。

  1. 操作したいデータを一覧でクリック
  2. アイテム詳細画面が表示されたら、右側のアクションメニューで必要な操作を選択する

ステータスを変更する#

  1. 右側のアクションメニューで「次のステータスに進める」を選択する

Hexabase では、データベースに「ステータス」というフィールドがあると簡易ワークフローとして利用できます。


次は、フロントエンドのサンプルソースコードをダウンロードして、フロントエンドアプリから TODO サンプルを呼び出してみましょう。