フロントエンドの画面構成

Hexabase のフロントエンドでは、各要素を次のように表現できます。

フロントエンドの構成要素

  • アイテム:データベースのレコードに相当します。
  • フィールド:レコードのカラムに相当します
  • アイテム詳細:アイテムの
  • アクション:アイテムに対する操作メニューです。新規作成・更新・削除のほか、ステータスを簡易ワークフローとして利用したり、独自の操作を追加できます

複数画面を 1 プログラムで実現可能に#

Hexabase API をうまく利用することで、多くの共通要素を持つ画面を 1 プログラムに集約可能です。これはシンプルな画面を共通化することを目的としており、うまく活用すると効果的です。ただし、複雑で業務固有な画面では利用できません。

画面の共通化