バッチ処理の実現方法

多くの場合、企業システムや Web サービスでは、データ更新・ステータス変更・メール通知のため、日次や月次でのバッチ処理が必要になります。Hexabase では、Hexabase API を利用して、バッチ処理プログラムを開発できます。

バッチ処理の実現例#

Hexabase API を利用することで、データ更新や外部サービスとの連携や同期処理などを実装できます。

  • 月次の締め処理(請求データの作成、売上データの集計、支払データの集計)など
  • 日次での情報通知(未対応案件を検出して通知、など)

たとえば、AzureFunction では、『タイマー トリガー』を利用することができます。この場合、Cron 実行で利用されるような CRON 式などを用いて、実行時刻や間隔を指定することが可能です。

0 5 * * * * 1 時間ごとに 1 回、1 日の毎時 5 分
0 30 9 * * 1-5 平日の毎日午前 9 時 30 分

永続化された API トークン#

多くのバッチ処理プログラムは、ユーザによるログインを伴わず、自動的に起動され、処理実行されます。

Hexabase API は、ほとんどすべての API の実行にログイン後に取得する API トークンを HTTP ヘッダへ指定して実行する必要があります。そのために、ユーザープロファイル設定で期限のない(正確には 30 年のライフを持つ)トークンを発行しておきます。

※トライアル環境では、この機能は初期表示されません。Hexabase プラットホームの管理者による、利用ライセンスの設定が必要になります。

※ ユーザープロファイル設定で、開発者向けの機能を有効にする必要があります。

API トークンの発行#

  1. 右上のユーザーアイコンをクリック
  2. ユーザープロファイル設定 > ユーザー情報
  3. 「API トークンの発行」> 「発行する」をクリックにする