アイテムとアクション

Hexabase では、データベースの各データを「アイテム」と呼びます。表の横1行がアイテムになります。一般的な RDB のレコードに相当します。

また、「アイテム」のカラムを「フィールド」または「画面項目」と呼びます。

新しいアイテムを登録しましょう#

1. データベースを開いたら、「新規登録」ボタンをクリック。

2. アイテムのフィールドに情報を入力。 3. 入力完了後に、「保存」ボタンをクリック。

アイテム詳細とアクション#

データベースで、アイテムをクリックすると、アイテム詳細を表示します。

アイテムは、アイテム詳細の右側のメニューで操作できます。これを「アクション」と呼びます。

アイテム詳細を閉じるには、右上の「×」ボタンか欄外の灰色領域をクリックします。

アイテムを編集しましょう#

  1. 編集するアイテムを呼び出す。
  2. 「内容を更新する」を選択。
  3. フィールドの情報を編集する。
  4. 編集が完了したら、「保存」ボタンをクリック。

ボタンをクリックしたら・・・完成!

これで、アイテムを更新できました。