アイテム設定の変更

Hexabase では、データベースのアイテム設定やレイアウト・データ操作メニュー(アクション)を変更できます。

※ これらの設定を変更するには、admin ロールが必要です。

※ データ操作メニュー(アクション)とステータスは、アクションとステータスを参照してください。

アイテム設定を変更する#

アイテムの設定をするには、アイテム詳細ポップアップで、項目を編集・追加するを呼び出します。

ここでは、アイテムの項目を追加したり、項目の設定を変更したりできます。

項目を編集・追加する#

  • データベースのビューで、アイテムをクリックして、アイテム詳細ポップアップを呼び出す。
  • 右下にある、項目を編集・追加するリンクをクリック

これで、項目を編集・追加するポップアップが表示されます。

新しい画面項目を追加する#

  • 項目を編集・追加するポップアップで、新しい画面項目を追加ボタンをクリック
  • 新しい画面項目を追加ポップアップが表示されたら、新しい画面項目の名前を入力し、画面項目の型を選択する

  • 作成ボタンをクリック

項目の設定を変更する#

  • 項目を編集・追加するポップアップで、設定を変更したい項目をクリックする
  • 項目を変更したら、保存ボタンをクリック

ここでは、次の項目を設定できる。

  • 基本設定
    • タイトルに利用
    • 検索条件に利用
    • 全文検索の対象とする
    • 一覧に表示する
    • アクション実行時に表示しない
  • 画面項目の種類(データ型)
  • 権限の設定

画面項目の削除#

  • 新しい画面項目を追加ポップアップで、削除したい項目をクリックする
  • 画面項目の削除にある削除するボタンをクリック

  • 画面項目を削除してよろしいですか?ポップアップで、削除するボタンをクリック

配置を変更する#

配置を変更するを呼び出すと、アイテム詳細ポップアップのレイアウトを変更できます。

  • アイテム詳細ポップアップの配置を変更するリンクをクリック

  • ドラッグアンドドロップで、レイアウトを変更する
  • レイアウトを保存ボタンをクリック

画面項目の型/種類#

新しい画面項目を追加した場合、次の型を選択できます。Hexabase の画面項目は、データ型と操作 UI を一体にしたものです。

画面項目の型を指定すると、画面項目設定で、各データ型に合わせた設定が可能です。

  • テキスト
  • 複数行テキスト
  • 選択肢
  • ラジオ
  • チェックボックス
  • 自動採番
  • 数値
  • 計算式
  • 日付
  • 時刻
  • 添付ファイル
  • ユーザー
  • データベース参照
  • ラベル
  • セパレータ

テキスト#

文字列を 1 行で表示します。

複数行テキスト#

文字列を複数行で表示します。

選択肢#

プルダウンリストで、既定の内容を選択できます。

選択内容は、 画面項目設定ポップアップで設定します。

ラジオ#

ラジオボタン形式で、既定の内容を選択できます。

選択内容は、 画面項目設定ポップアップで設定します。

チェックボックス#

チェックボックス形式で、既定の内容を選択できます。

選択内容は、 画面項目設定ポップアップで設定します。

自動採番#

自動的に番号を付与します。

接頭文字(プレフィックス)を設定できます。

数値#

数値データを入力します。

接頭文字・接尾文字・カンマ区切りを設定できます。

計算式#

計算式により値を産出します。

接頭文字・接尾文字・カンマ区切りを設定できます。

計算式は、計算式エディタで入力します。計算に利用できるのは、数値型の画面項目および固定値です。演算記号として、 + - * / ( ) を利用できます。

日付#

日付データを入力します。

最小値・最大値により入力チェックを設定できます。

時刻#

時刻データを入力します。

最小値・最大値により入力チェックを設定できます。

添付ファイル#

ファイルを添付できます。

画像として表示することができます。

ユーザー#

ユーザーを選択できます。

「ワークスペースメンバーを表示する」か「表示する条件を指定する」か選択できます。

データベース参照#

他のデータベースのフィールドを参照して、任意のアイテムを選択できます。アイテムを選択するには、先頭のチェックマークをオンにします。

参照先のアイテムには、ユニークフィールドが必要です。ユニークフィールドは、新しい画面項目を追加する時に、基本設定で一意のデータを有効にします。

ラベル#

見出しを表示できます。

画面項目名が、表示する文字列になります。

セパレータ#

区切り線を表示できます。