アイテムの操作

ここでは、データベースのデータを操作する方法を説明します。

「アイテム」を操作するメニューを「アクション」と呼びます。

データを操作する(アクションメニュー)#

データベースのデータを追加・変更・削除するには、テーブルビューかボードビューでアイテム詳細ポップアップを呼び出します。

ここでは、データに対して、あらかじめ指定しておいた操作だけが可能となり、データに対して思わぬ操作を防止します。

アイテム詳細ポップアップを呼び出す#

  • アイテム詳細ポップアップを呼び出すには、テーブルビューかボードビューで表示したいアイテムをクリックします。

  • アイテム詳細ポップアップを閉じるには、閉じるボタンをクリック

ビューで、新しいデータを登録する#

  • ビューの新規登録ボタンをクリック

  • 新規作成ポップアップが表示されたら、登録したいデータを入力する
  • 保存ボタンをクリック

アイテム詳細ポップアップで、新しいデータを登録する#

  • アイテム詳細ポップアップのデータの操作メニューで新しいデータを登録するをクリック

  • 新規作成ポップアップが表示されたら、登録したいデータを入力する
  • 保存ボタンをクリック

コピーして新規に登録する#

  • アイテム詳細ポップアップのデータの操作メニューでコピーして新規に登録するをクリック

このデータを削除する#

  • アイテム詳細ポップアップのデータの操作メニューでこのデータを削除するをクリック

ステータスを操作する#

Hexabase では、データベースに「ステータス」というフィールドがあると、自動的にワークフローの手順名として利用できます。そして、ボードビューで、ステータスごとに進捗状況を把握できます。

また、アイテム詳細ポップアップのメニューで、ステータスを操作できます。

次のステータスに進める#

  • アイテム詳細ポップアップのデータの操作メニューで次のステータスに進めるをクリック

  • 必要であれば、コメントを入力する
  • 保存ボタンをクリック

※コメント欄を拡大するには、コメント欄を拡大アイコンをクリックします。

前のステータスに戻る#

  • アイテム詳細ポップアップのデータの操作メニューで次のステータスに進めるをクリック

  • 必要であれば、コメントを入力する
  • 保存ボタンをクリック