データベースの関連付け

データリンクキー/データベース関連とは#

「データリンクキー」と「データベース関連」は、複数のデータベースを関連付ける機能です。一般的なリレーショナルデータベースの「リレーション」に相当します。

関連付けした結果は「データレポート」で出力します。このとき、出力するデータを「データソース設定」の「データベースの結合」と、「出力フィールドの設定」で指定します。

Hexabase は、NoSQL データベースを採用しており、SQL の知識やスキルがなくても、データベースを操作できます。

※データリンクキー/データベース関連を設定するには、データベースの設定を呼び出します。

データベースを関連付ける手順#

データベースを関連付ける手順は、次のようになります。ここでは、table_1 の id と、tables_2 の sales_id を関連付ける場合を想定しています。

  1. table_1 のデータベース設定ページにある「データリンクキーを設定」タブで、データリンクとして id を指定する
  2. 全データへのリンクキー付与処理を開始するボタンをクリック
  3. table_2 の「データリンクキーを設定」タブで、データリンクとして sales_id を指定する
  4. 全データへのリンクキー付与処理を開始するボタンをクリック
  5. table_1 の「データベースの関連設定」タブで、table_2 を関連データベースに追加する
  6. 「データリンクキーのリンク設定を追加」で、table_1 の id と、table_2 の sales_id を指定する
  7. 関連するデータリンク作成を開始するボタンをクリック
  8. データレポートを作成する
  9. 「データレポート出力条件の設定」で、「データソースの設定」としてとして table_1 を指定する
  10. 「データベースの結合」として、table_2 を指定する
  11. 「出力フィールドの設定」で、table_1 と table_2 のカラムを選択する

データリンクキーの設定#

データリンクキーでは、データベースでリレーションするキーフィールド(外部キー)を指定します。

新しいデータリンクキーを追加する#

  • データリンクキーの設定タブに切り替える

  • +新しいデータリンクキーの追加をクリック

  • データリンクキーに設定するフィールドを指定して、追加ボタンをクリック
    • データリンク名
    • フィールド

  • 全データへのデータリンクキー付与処理を開始するボタンをクリック

これで、データリンクキーを追加できました。

※複数のデータリンクキーを追加する場合は、+新しいデータリンクキーを追加をクリックします。

データリンクキーを変更する#

  • データリンクキーの変更アイコンをクリック

  • データリンクキーの設定を変更して、更新ボタンをクリック

データリンクキーを削除する#

  • データリンクキーの削除アイコンをクリック

  • ラベルを削除します。よろしいですか?ポップアップが表示されたら、削除するボタンをクリック

全データへのリンクキー付与処理を開始する#

全データへのリンクキー付与処理を開始するは、次のタイミングで実行します

  • 新しいデータリンクキーを追加したとき
  • データリンクキーを変更したとき
  • データリンクキーを削除したとき

複数のデータリンクを追加したときは、1 回だけ実行します。

データベース関連#

データベースの関連では、データベース間のリレーションを設定します。

データリンクキーのリンク設定を追加する#

  • データベース関連の設定タブに切り替える

  • 関連付けされたデータベースを設定する
    • アプリケーション
    • データベース
  • 追加ボタンをクリック

  • データリンクキーを選択して、追加ボタンをクリック

  • 関連するデータリンク作成を開始するボタンをクリック

これで、データベースの関連を追加できました。

※複数のリンク設定を追加する場合は、+データリンクキーのリンク設定を追加をクリックします

データリンクキーのリンク設定を削除する#

「データリンクキーのリンク設定」にある削除アイコンをクリック

データベースの関連を削除する#

「データベースの関連」にある削除アイコンをクリック

関連するデータリンク作成を開始する#

関連するデータリンク作成を開始するは、次のタイミングで実行します。

  • 新しく「データベースの関連」を追加したとき
  • 新しく「データリンクキーのリンク設定」を追加したとき
  • 「データベースの関連」を変更したとき
  • 「データリンクキーのリンク設定」を変更したとき
  • 「データベースの関連」を削除したとき
  • 「データリンクキーのリンク設定」を削除したとき

複数の「データベースの関連」「データリンクキーのリンク設定」を追加したときは、1 回だけ実行します。

データレポートで連結して表示する#

データレポートを使うことで、データベースを関連付け(連結)して、ひとつの表として表示できます。

※データレポートの基本的な設定はデータレポートの設定を参照してください。

事前準備#

この機能を利用するには、データベース設定ページで、あらかじめ関連付けしたいフィールドにデータリンクキーデータベースの関連を設定しておきます。そして、データレポートのデータレポート出力条件の設定にある「データソースの設定」で、データベースの結合を設定します。

ここでは、table_1 の id と、tables_2 の sales_id を関連付ける場合を想定しています。

データレポートで結合する#

  1. データレポートの「データレポート出力条件の設定」を呼び出す。
  2. 「データソースの設定」としてとして table_1 を指定する
  3. 「データベースの結合」として、table_2 を指定する

  1. 「出力フィールドの設定」で、table_1 のカラムを選択する
  2. 「出力フィールドの設定」で、table_2 のカラムを選択する
  3. レポートを表示するボタンをクリック。